iphone用の望遠レンズ でおすすめは?サンワダイレクトの望遠レンズキット400-CAM046を使ってみました。

この記事は5分で読めます

400-cam046_ft1

こんにちは。しいままです。

 

iPhoneやスマホカメラの性能って、本当に進化しています。

 

メインカメラの画素数は、デジカメのそれに負けることなくとてもきれいな画像が撮影できるようになりましたよね。

 

私は最近ではデジカメやビデオカメラを持ち歩く回数がめっきり減りました。

 

でも、それほど高性能になったスマホカメラですが、1つ欠点を言わせてもらえるなら「ズーム撮影が弱いこと」かな。

 

カメラやデジカメには望遠レンズがあるわけだし、スマホカメラ用の望遠レンズってあるのかしら?と探してみました。

 

そしたらやっぱりあるんですね~。スマホカメラ用の望遠レンズ。

 

今日は、私が購入して使ってみたサンワダイレクトの「iPhone望遠レンズキット400-CAM046」について紹介します。

スポンサードリンク

私が望遠レンズに求めたもの

 

望遠レンズを購入するにあたり私の望む条件が、

・なるべく高倍率ズーム
・着脱が簡単
・軽くて持ち運びに便利
・3000円前後で買えること
・良いレビューがあること

 

の5点だったんです。

 

それに対して、サンワダイレクトの「iPhone望遠レンズキット400-CAM046」は、

 

・光学12倍
・着脱簡単
・約180g
・3980円で購入(もっと安い店舗あり)
・レビューは、求めるものの違いで否定意見があるものの、かなり高評価。

 

ということで購入を決めました。

 

 

ちなみに、スマホカメラの望遠は、“デジタルズーム”を搭載しているのに対して、この望遠レンズキットのレンズは“光学ズーム”

 

その違いが何かというと・・・

 

デジタルズームとは撮影した画像を引き伸ばし、切り抜いたもので、いわゆる『トリミング』と呼ばれる技法。それに比べると、光学ズームは、レンズの位置を前後させ焦点距離を変えることで被写体を光学的に拡大しているので画質の劣化は起こりません。

opt

光学ズームで撮影したもの。水滴も綺麗に見える。

digi

デジタルズーム相当。拡大したためにノイズがひどい。

出典:All About

 

スマホカメラのズーム撮影が弱い理由がわかりました。

 

望遠レンズの取り付け方

image1-300x224

 

中に入っていたもの

これはボックスのタイトルです。

●望遠レンズ

●iphoneケース

●三脚用アタッチメント

●三脚

●レンズ拭き

●取扱説明書・保証書

 

使い方はとっても簡単です。

 

まずiphoneケースにiphoneをセットします。

 

image2-300x224

 

望遠レンズを取り付けるのですが、これは回してはめるだけ!

image4-300x224

 

三脚用アタッチメントをセット(上のつまみの部分を持ち上げながらiphoneを挟む)。

image6-300x224

 

三脚をアタッチメントの穴に回し入れる。ネジをしっかり閉めるとスマホがぐらぐらすることはありません。

image7-300x224

 

・・・とこんな感じで本当に簡単なんですよ。

 

アタッチメントと三脚をセットしておけば、あとは望遠レンズを脱着するだけ。

 

レンズはポケットに忍ばせておけば、望遠で撮りたい時にだけ取り付けて撮れます。

 

ピントはフォーカスリングを調整して合わせることが可能です。

 

ピントを合わせるのが難しい、というレビューもありましたが、コツをつかんでしまえばさほど難しいことはありませんでした。

 

また三脚は、根元が360度回転するし、手ブレ防止にもなるのでかなり便利です。

 

実際に撮影した画像

それでは実際に撮影した画像です。

 

いくら簡単にセット出来てもちゃんと写真が撮れなければダメですよね。

 

写真の撮れ具合は人によって許容範囲が違うと思うのですが、私に関して言えば満足です。

 

では、一体どのように撮れるのかと言うと・・・・

 

 

まずは望遠レンズ無しで撮ったものがこれ

スポンサードリンク

image-225x300

 

次に望遠レンズを取り付けて同じ場所から撮ったものがこれ

image1-225x300

 

ずいぶん後ろの方に立って見ていたけれど

image2-225x300

↑ 近くにいるみたいに見えませんか?

表情まではっきりわかるなんてすごいなあ、と感動です。

 

花火もこんな感じ。

image3-225x300

 

ここまで近くに撮れるとは思っていなかっただけに結構感激しちゃいました(笑)。

 

商品仕様

512k0blSxsL

h

仕様(サンワダイレクトホームページより

■ケースサイズ:W70×H142×D10mm

■ケース重量:約16g

■レンズサイズ:φ28×D83mm

■レンズ重量:約65g(キャップ含む)

■レンズ倍率:光学12倍

■三脚高さ:H12.3から18cm

■三脚重量:約77g

■三脚用アタッチメントサイズ:W52×D32×H83mm

■三脚用アタッチメント重量:約22g

■生産国:中国

■保証期間:初期不良のみ

■取扱説明書:あり

特徴(サンワダイレクトホームページより

●iPhone6に望遠レンズを取り付けられる、専用ケースと望遠レンズ、三脚のセットです。

●光学12倍で撮影できるので、iPhone6で風景などの撮影が手軽に行えます。

●最大ズームよりもっとアップしたいときや、画質を落とさずにズーム撮影したいときなどに便利です。

●ピントはフォーカスリングを調整してピント調整が可能です。簡単に撮影したいものにピントを合わせられます。

●付属の三脚を使用すれば、手ブレを抑えて安定した撮影が可能です。角度調整も可能で、狙った被写体を撮りやすくなっています。

●三脚の根元部分は360°回転が可能で若干の角度調節も可能です。また横に90度傾けることもできます。

●装着は、三脚用アタッチメントに挟みこむだけの簡単装着です。

●専用ケースはシンプルで、普段使いも可能です。

 

ちなみに、他のスマートフォンにも使える汎用タイプもあります。

 ↓

サンワダイレクト iPhone・スマホ望遠レンズキット 12倍 汎用タイプ 三脚付 400-CAM043

400-cam043_ft1

 

まとめ

 

主婦ってどこに行くにも荷物が多いものじゃないですか?

 

私は、いつも荷物がいっぱい!

 

子供たちが一緒の時はなおさらです。

 

でも、写真を撮りたいって思うのも子供が一緒の時が多いです。

 

だからなるべく荷物を減らしたいし、デジカメやビデオカメラを持ち歩きたくないんです。

 

最近のiphoneやスマートフォンのカメラは性能が良くて驚きます。

 

でも、1つ残念だと思うのが“ズーム”機能が弱いこと。

 

なので、iPhone用の望遠レンズを買って使ってみました。

 

買ったのは、サンワダイレクトのiPhone 6s/6専用の望遠レンズキット400-CAM046

 

私が望遠レンズに求めること

・なるべく高倍率ズーム → 光学12倍で◎
・着脱が簡単 → 子供でも扱えるほど簡単で◎
・軽くて持ち運びに便利 → 約180gと◎
・3000円前後で買えること → 3980円、ちょっと予算オーバーしたけど許容範囲○
・良いレビューがあること → いくつか否定意見があるものの、大方高評価○

 

使い方は、

 

①まずiphoneケースにiphoneをセットします。

 

②望遠レンズを取り付けるのですが、これは回してはめるだけ!

 

③三脚用アタッチメントをセット(上のつまみの部分を持ち上げながらiphoneを挟む)。

 

④三脚をアタッチメントの穴に回し入れる。ネジをしっかり閉めるとスマホがぐらぐらすることはありません。

 

⑤ピントはフォーカスリングを調整してピント調整します。

 

実際に使用して撮影した画像は、人の表情まではっきり撮れてかなり感動しました。

 

私が買ったのはiPhone 6s/6専用でしたが、他のスマホに使える汎用タイプも同じサンワダイレクトから販売されています。

 

私のようにできるだけ手軽に写真撮影がしたいわ、と思ったら“望遠レンズ”試してみてくださいね。

 

きっと感激すると思いますよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IMG_4073
  1. この記事へのコメントはありません。